新着情報

【座間味へ来村予定の方へのお願いとお知らせ(9/21更新)

 

現在、沖縄県は国による緊急事態宣言中でございます。

来村前、できる限り直前のタイミングでPCR検査または抗原検査による陰性判定を受けていただくとともに、2週間前からの十分な健康観察と感染防止対策を徹底したうえでお越しくださいますようお願いいたします。また、体調不良の場合は回復してからお越しくださいますようお願いいたします。

 

船舶や飛行機で移動の際や村内では、マスク着用をお願いいたします。

座間味島の阿真キャンプ場・阿真コテージは、ご予約のない方はご利用いただけません。また現在新規予約受付中止しております。

 

9月30日まで、那覇~座間味村間の船舶の乗船人数を制限させていただいております。高速船クイーンざまみは100名、フェリーざまみは120名までのご利用となります。

また、渡嘉敷~座間味村間のケラマ航路は9月30日まで運休となっております。

※感染症拡大状況により運航ダイヤに変更が出ることもございますので、ご利用の際はあらかじめ座間味村公式HPにてご確認をお願いいたします。

 

ご迷惑をおかけいたしますが、離島の脆弱な医療体制や県内の厳しい感染状況などをご理解くださいますようお願いいたします。

 

 

【窓口の営業予定のお知らせ(8/17更新)

 

平素より座間味村観光協会をご利用いただき、誠にありがとうございます。

観光協会窓口の営業予定についてのお知らせです。

 

●座間味島…慶良間諸島国立公園ビジターセンター青のゆくる館

県内での新型コロナウイルス感染拡大に伴う国の緊急事態宣言の延長を受け、開館を見合わせております。開館時期が決まりましたら改めてお知らせいたします。

なお、それまでは座間味港ターミナルに臨時の案内窓口を設けておりますのでご利用ください。

 

●阿嘉島…慶良間諸島国立公園ビジターセンターさんごゆんたく館

【展示エリアの臨時閉鎖のお知らせ】

県内での新型コロナウイルス感染拡大に伴う国の緊急事態宣言の延長を受け、さんごゆんたく館では、7/27より当面の間、館内展示エリアを閉鎖し、窓口での観光案内のみの対応とさせていただくこととしました。

 

ご来島、ご来館されるみなさまにはご不便をおかけすることになりますが、離島の脆弱な医療体制をご理解いただき、ご協力をお願いいたします。一日も早く通常の運営に戻れるよう願っております。

 

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

 

ビジターセンター さんごゆんたく館・青のゆくる館 館長 

 

お問合せ先:

座間味村観光協会

青のゆくる館(座間味島)098-987-2277

さんごゆんたく館(阿嘉島)098-987-3535

クラウドファンディングへのご支援

ありがとうございました!

ご支援いただいた企業様(敬称略・五十音順)

 

株式会社アート設計

石坂産業株式会社

インターリンク金沢株式会社

金秀建設株式会社

株式会社久米島の久米仙

株式会社コマツインターリンク

小松マテーレ株式会社

税理士法人添石綜合会計事務所

 大和リース株式会社

株式会社仲本工業

株式会社りゅうせきフロントライン

 

世界が恋する海 座間味村へようこそ!

「ケラマブルー」という言葉を聞いたことはありませんか。

 

透明度抜群の海と世界屈指のサンゴ礁、数々の熱帯魚にいろどられた美しい海。

世界中のダイバーが「いつか訪れたい」と願う海です。

 

那覇市街地からほど遠くない泊港から高速船を使えば約50分、西へおよそ40km

  

船の窓から見えてくる美しい島々は慶良間(けらま)諸島と呼ばれ、周辺の海域とともに国立公園の指定を受けています。

 

 

 

 

 

 

 

 座間味村は慶良間諸島の西半分の島々からなる離島です。

 

人が住んでいるのは座間味(ざまみ)島・阿嘉(あか)島・慶留間(げるま)島の3つです。座間味島と阿嘉島の間は船が行き来しているので、どちらも行くことができます。

 

座間味島

はじめて座間味に訪れる方なら、まずは座間味島へ。

 

 

座間味島には島民600人ほどが暮らし、港や商店がある座間味村の中心「座間味集落」、ミシュラン・グリーンガイド2つ星の古座間味ビーチ東側の「阿佐集落」、ウミガメと出会える確立が高いと言われる西側の阿真ビーチ近く「阿真集落」の3つに分かれています。≪座間味島の詳細はこちら≫

 

 

 

阿嘉島・慶留間島

阿嘉島には島民が260人ほど、慶留間島だと60人ほどになります。

 

 

座間味リピーターの方もしくはより離島らしさを求める方はぜひ阿嘉島・慶留間島へ。プライベート感が味わえるニシバマビーチは阿嘉島にあります。慶留間島は阿嘉島からしか行けない「離島の離島」で、歴史的建物が今でも残る場所です。≪阿嘉島の詳細はこちら慶留間島の詳細はこちら

魚たちやサンゴ礁、ウミガメや天然記念物のケラマジカ、冬になると出産と子育てのために暖かい座間味の海に戻ってくるザトウクジラ。生きものたちの息づかいを感じながらケラマブルーを満喫し、宿でひとやすみ。島人とゆんたく(おしゃべり)して、木陰で風をうける。海に沈んでいく夕日が海に光の道をつくれば、夜には満天の空をいつまでも見上げて。大切な誰かと一緒でも、ひとりになりたい、そんなときも。

 

港に到着した瞬間から、「きっと忘れられない旅になる」そんな予感を抱くでしょう。

 

座間味へ行こう!

観光案内所